【同一労働同一賃金セミナー】見直しが迫られる「同一労働同一賃金」への対応と検討の進め方(3/23開催 オンラインor来場)

ついに、中小企業の同一労働同一賃金が4月から始まります!

昨年10月の最高裁の判例により、同一労働同一賃金対する方向性が示されました。特に日本郵便事件の判決により、手当や福利厚生制度の見直しが急務となります。

整備が進み非正規社員の処遇が改善されると、将来のステップアップが期待できる職場に優秀なパートタイマーが集まるようになります。整備不足により取り残された企業は人材の確保が難しくなるでしょう

法改正の内容、同一労働同一賃金の今後の方向性と、中小企業が取ることができる解決策について、最新の判例も踏まえて分かりやすく解説をします。

次の課題やお悩みをお持ちの経営者・管理職の方はぜひご参加ください

  • 多くのパートタイマ―などの非正規社員が在籍しており、正社員との待遇に差がある
  • 正社員と非正規社員の待遇格差の対応方法を学びたい
  • 給与・手当・退職金・賞与・福利厚生など差があるがどこから手を付ければいいか分からない
  • パートタイマ―などの非正規社員の処遇改善を通じてモチベーション向上に結び付けたい

2020年に開催し、大好評をいただいたセミナーの追加開催です。これが最終開催を予定しています。ぜひふるってご参加ください。

※本セミナーは、2020年に開催いたしました同一労働同一賃金セミナーと同様の内容です


セミナー内容

「同一労働同一賃金」が求められる時代背景

  • 「欧米と日本」の正規社員と非正規社員の格差の違い
  • 「諸手当や福利厚生制度」の正規社員と非正規社員の採用割合

注目の判例

  • 大阪医科薬科大学事件
  • メトロコマース事件
  • 日本郵便事件

今回の法改正の内容

  • 正社員と非正規社員の待遇の不合理な差別の禁止

企業に求められる待遇格差の整備方法・是正のポイント

  • 手当・福利厚生制度の違い
  • 基本給の水準の違い
  • 正社員・非正規社員との仕事の違いを整理する職務評価の手法
  • 同一労働同一賃金への対応に利用できる助成金制度

日本クレアス社会保険労務士法人の同一労働同一賃金の課題解決サービスのご案内

【参加者特典】オンラインでご参加いただいたお客様で、終了後Webアンケートにお答えいただいた方には、セミナーレジュメのデータを配布しています。

※セミナーの内容は予告なく変更する場合があります。


セミナー開催概要

日 時 2021年3月23日(火)14:00-15:30(オンラインor来場)
対 象 経営者・管理職・人事担当
参加費 無料
参加方法
(オンライン)
お申込時・セミナー開催2営業日前・セミナー開催30分前にセミナーのURLをメールでご案内しています。
セミナー開催まで事前に名前とメールアドレスをご登録いただきます。
※Zoomを初めてご利用される方は、Zoomのインストールやサインインが必要です。
参加方法
(来場)
東京本社セミナールームにて、セミナーのライブ動画をご覧いただきます。
会場:日本クレアス社会保険労務士法人 東京本社セミナールーム
住所:東京都千代田区霞が関3丁目2番5号霞が関ビルディング33階
主 催 日本クレアス社会保険労務士法人
共 催 株式会社コーポレート・アドバイザーズ
講 師 日本クレアス社会保険労務士法人 コンサルタント 大木 祐輔
参加申込 以下のフォームからお申込みください。
※1名様につき1つのメールアドレスでお申込ください。
2021年3月23日(火)お申込みフォーム
※当社と同じ業務を営む個人または法人に属する方のお申し込みはご遠慮いただいております。
※キャンセルは1週間前までにご連絡ください。