【シニアの人事制度セミナー】シニア人材活用のために取り組むべき人事制度の見直し(4/21・5/13開催 オンラインor来場)

2021年4月には「高齢者雇用安定法」の改正が施行され、企業には70歳までの就業機会を確保する努力義務が課せられます。また、労働力不足を補うためにシニア社員の一層の活躍が期待されることもあり、シニアの働き方の見直しが迫られています。

シニアの働き方を見直すにあたり、
「人手不足のため経験豊かなシニアを活用したい」、「第一線よりも後進の指導育成に力を入れてもらいたい」といった企業側の考えと
「定年前と変わらずバリバリ働きたい」「責任から解放されプライベートを充実させながら働きたい」といったシニア社員のニーズ
双方の考え方を合わせていくことが求められます。

実際には、対象者が少ない・年金や雇用保険の給付を最大限受給できるよう個別に設定している、などを理由に体系立てた仕組みがない企業がまだまだ見受けられます。そのような企業はシニア社員の増加が見込まれる今後に向けて、公的給付に依存する給与体系ではなく、役割に見合った給与体系への見直し等が必要になります。

本セミナーでは、シニアの処遇制度の見直しが必要な背景と就業年齢引き上げに関する法改正、見直しの仕方や事例について分かりやすく解説いたします。


セミナー内容

シニアが活躍できる環境の整備が求められる背景

  • 企業の事例
  • シニア労働者の増加
  • 少子高齢化による労働力の減少と熟練人材の不足
  • 2025年問題(特別支給の老齢厚生年金・高年齢雇用継続給付の廃止)
  • 同一労働同一賃金の対応(長澤運輸事件)
  • 改正高年齢者雇用安定法の施行(70歳就業確保措置)
  • 雇用保険法の改正(65歳以上副業者、雇用保険の被保険者に)

定年延長やシニアの働き方の検討に向けての現状確認について

  • 年齢階層別人員構成
  • 総人件費シミュレーション 賃金水準
  • 意識調査

シニアの活躍に結び付ける人事制度の仕組み

  • シニアのニーズに合わせた働き方 コース別人事制度
  • 第二退職金制度
  • 見直し企業事例

定年引上げやシニアの労働環境の整備における助成金制度

日本クレアス社会保険労務士法人の同一労働・同一賃金サービスの案内

【参加者特典】オンラインでご参加いただいたお客様で、終了後Webアンケートにお答えいただいた方には、セミナーレジュメのデータを配布しています。

※セミナーの内容は予告なく変更する場合があります。


セミナー開催概要

日 時 2021年4月21日(水)14:00-15:30(オンラインor来場)
2021年5月13日(木)14:00-15:30(オンラインor来場)
対 象 経営者・管理職・人事担当
参加費 無料
参加方法
(オンライン)
お申込時・セミナー開催2営業日前・セミナー開催30分前にセミナーのURLをメールでご案内しています。
セミナー開催まで事前に名前とメールアドレスをご登録いただきます。
※Zoomを初めてご利用される方は、Zoomのインストールやサインインが必要です。
参加方法
(来場)
東京本社セミナールームにて、セミナーのライブ動画をご覧いただきます。
会場:日本クレアス社会保険労務士法人 東京本社セミナールーム
住所:東京都千代田区霞が関3丁目2番5号霞が関ビルディング33階
主 催 日本クレアス社会保険労務士法人
共 催 株式会社コーポレート・アドバイザーズ
講 師 日本クレアス社会保険労務士法人 ディレクター 社会保険労務士 中山 啓子
日本クレアス社会保険労務士法人 コンサルタント 大木 祐輔
参加申込 以下のフォームからお申込みください。
※1名様につき1つのメールアドレスでお申込ください。
2021年4月21日(水)お申込みフォーム

2021年5月13日(木)お申込みフォーム
※当社と同じ業務を営む個人または法人に属する方のお申し込みはご遠慮いただいております。
※キャンセルは1週間前までにご連絡ください。