2019年9月の労務・税務スケジュール

2019年9月:労務・税務スケジュール

こんにちは。日本クレアス社会保険労務士法人です。

9月1日は「防災の日」です。
「政府、地方公共団体等関係諸機関をはじめ、広く国民が台風、高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め、これに対処する心構えを準備する」として制定された啓発日ですが、皆様、家で災害が起きたときはもちろん、会社で起きたときの防災計画は大丈夫でしょうか?

産労総合研究所が以前実施した地震・防災対策に関する調査で「災害発生時の従業員の安否確認体制の見直しが必要」と多くの企業が回答していました。

調査によると、東日本大震災以前に防災マニュアル・計画等を策定していた企業は63.34%。今後の見直しが必要だと考えられる項目では、「従業員の安否確認体制」(31.1%)で最多。「防災教育と防災訓練」(25.2%)、「社内連絡・広報体制」(22.7%)、「従業員の帰宅・避難対策」(22.7%)と続いています。

勤務時間内に災害が起こった場合や通勤・外出時に起こった場合など、もしもの時に備えてこの機会に防災計画を今一度見直してみてはいかがでしょうか?

それでは9月の業務スケジュールを紹介します。ぜひご覧下さい。


●○●2019年9月の労務・税務スケジュール○●○

2019年9月10日(火)

・源泉徴収税額・住民税特別徴収税額 → 郵便局または銀行へ納付

・雇用保険被保険者資格取得届<前月以降に採用した労働者がいる場合> → 公共職業安定所へ提出

2019年9月30日(月)

・健保・厚年保険料 → 郵便局または銀行へ納付

・健康保険印紙受払等報告書 → 年金事務所へ提出
 
・労働保険印紙保険料納付・納付計器使用状況報告書の提出 → 公共職業安定所へ

・外国人雇用状況(雇用保険の被保険者でない場合)<雇入れ・離職の翌月末日> → 公共職業安定所へ届出