パートタイム・有期雇用労働法の改正

パートタイム・有期雇用労働法の改正-2020年4月1日施行-(アングル2020年1月号)

少子高齢化がすすみ、労働生産力が減少していくなか、パートタイマーなどの非正規労働者は、労働者全体の約4割を占めており、今や日本の経済市場を支える重要な役割を担っています。「パートだから」という理由だけで正社員との間に不合理な待遇差がある問題を改善するために2020年4月1日より「パートタイム労働者・..

時間外労働の上限規制

セミナーレポート
日本クレアス社会保険労務士法人主催「働き方改革セミナー」-(2)労働時間の上限規制

【残業時間の上限規制】【有給休暇の義務付け】【同一労働同一賃金】働き方改革に伴うこれらの改正で、会社が求められている対応とは?日本クレアス社会保険労務士法人が主催した「働き方改革セミナー」では、実務上の問題点や裁判事例を挙げながら、実務の視点から「考え方」「今やっておくべき実務対応」について解説を行..

働き方改革セミナーレポート

セミナーレポート
日本クレアス社会保険労務士法人主催「働き方改革セミナー」-(1)働き方改革が必要とされた背景

日本全体の生産性向上のために掲げられた「働き方改革」。 生産年齢人口の減少問題、非正規社員における不合理な格差問題など日本が直面している様々な問題解決を図るため、労働法関連の改正が幅広く行われました。企業にとっては新たな対応策が求められることになります。 現場実務の観点から企業が押さえておく..

2019年10月から最低賃金額が変わりました

最低賃金の変更について-2019年10月から最低賃金額が変わりました。-(クライアント2019年11月号)

2019年10月から最低賃金額が変わりました。 今回は東京都、神奈川県で初めて最低賃金を1,000円を超えました。最低賃金制度とは、最低賃金法に基づき国が賃金の最低額を定め、使用者はその最低賃金金額以上の賃金を労働者に支払わなくてはいけないとする制度です。 最低賃金は地域によって異なっています。..

セミナーレポート
日本クレアス社会保険労務士法人主催「ハラスメント対策セミナー」

2019年4月1日より順次施行が始まった『働き方改革関連法』。事業主は労働者の多様な事情に応じた「職業生活の充実」を責務とするため、就業環境の整備に努めなければなりません。 この働き方改革の実現に向けた具体的な取り組みの一つとして、厚生労働省では「ハラスメント防止対策」を挙げています。 ..

年5日の年次有給休暇の確実な取得に向けて

年5日の年次有給休暇の確実な取得に向けて(クライアント2019年7月号)

日本クレアスグループが発行している、医療関連のお客様に向けた広報誌「CLIANT‐クライアント」より、医療はもちろん、様々な業種の方々にご参考いただける労務関連のトピックを厳選してご紹介いたします。 いくつかの医院から「自医院はパートの従業員だけなので関係ないですよね?」とお問合せをいただ..

「従業員エンゲージメント」-労務トピックス(アングル2019年5月号)

「従業員エンゲージメント」-労務トピックス(アングル2019年3月号)

深刻化する人材不足に対応するため、各企業とも「人材確保」に力を入れているようです。 人材確保には「新規採用」はもちろんですが、「既存写真の定番」といった側面もあり、人材確保のひとつの策として「従業員エンゲージメント」が再び注目されています。 従業員エンゲージメントとは? 従業員..

働き方改革~ホワイト企業への関心高まる~

働き方改革~ホワイト企業への関心高まる~(クライアント2019年3月号)

日本クレアスグループが発行している、医療関連のお客様に向けた広報誌「CLIANT‐クライアント」より、医療はもちろん、様々な業種の方々にご参考いただける労務関連のトピックを厳選してご紹介いたします。 ホワイト企業への関心高まる ホワイト企業とされる企業の特徴として、種々の要素が挙げられますが..

働き方改革関連法の成立と実務対応のポイント

働き方改革関連法の成立と実務対応のポイント(クライアント2019年2月号)

日本クレアスグループが発行している、医療関連のお客様に向けた広報誌「CLIANT‐クライアント」より、医療はもちろん、様々な業種の方々にご参考いただける労務関連のトピックを厳選してご紹介いたします。 国を挙げての取り組みである「働き方改革」。1947年の労働基準法制定以来、約70年ぶりとなる労..

働き方関連法案の中に掲げられた「同一労働同一賃金」

働き方関連法案の中に掲げられた「同一労働同一賃金」-労務トピックス(アングル2018年12月号)

政府が「同一労働同一賃金ガイドライン案」を公表して以降、労働契約法20条(期間の定めのあることによる不合理な労働条件の禁止)をめぐる裁判の判決が次々に下されています。 今年6月には2つの重要な最高裁判決がありました。1つは正社員と契約社員の待遇格差を争点とした「ハマキョウレックス事件」、もう1つは..